玉置浩二の病気は統合失調症FNSうたの夏祭りでの様子は!?

今では俳優業でも活躍している玉置浩二。

時代は変わっても、彼の魅力は色あせることなく、
歳をとっても魅力がどんどん膨らんでいると人気です。

そんな玉置浩二は、
統合失調症ではないかという噂があります。

それは、
FNSうたの夏祭りをドタキャンしたり、
普段の言動にもぶっ飛んだ印象を受けることがあるため、
このような噂が持ち上がっているのです。

スポンサーリンク

素晴らしい歌声で、
多くのファンを魅了する反面、
このような心配な面を持ち合わせている玉置浩二。

その真相についてを検証してみましょう。

玉置浩二のプロフィール

本 名:玉置浩二
出身地:北海道旭川市
生年月日:1958年9月13日
身長体重:177cm、62kg
出身校:北海道旭川農業高等学校中退

玉置浩二 病気

http://skjtjp.exblog.jp/4865150/より引用

1973年に「安全地帯」を結成。
はじめは大物ミュージシャンのバックバンドとして活動をしていたのです。

バンドとしての楽曲がヒットしたのは、「ワインレッドの心」から。

それ以降は発表曲も一般的に名の知れたものが多く、
現在でも多くのファンが存在します。

一方、俳優業でも才能を開花している玉置浩二。

独特のキャラクターは、
ドラマの中でもポイントある存在として扱われ、
多彩な才能を世間に浸透させているのです。

薬師丸ひろ子と結婚したものの離婚。

その後も数多くの恋愛沙汰が報じられています。

確かに、あの歌声を聞くと、
誰でも恋に落ちてしまいますよね。

現在は青田典子と結婚し、
夫婦で仲睦まじく暮らしているのです。

FNSうたの夏祭りについて

玉置浩二の奇行ぶりが公になったのが、
FNSうたの夏祭りです。

当日にドタキャンというありえない行動は、
世間的にも「思考が大丈夫か!?」を心配されるほど。

やはり、生放送で動く番組を突然キャンセルするということは、
それだけ責任の重いことなのです。

それを当たり前のようにやってしまったからこそ、
玉置浩二の考え方に疑念を抱く声があがったのでしょう。

確かに、良い大人がドタキャンをしてしまったというのは、
どんな言い訳を聞いても許されるものではないですよね。

スポンサーリンク

玉置浩二の病気!統合失調症とは?

一昔前までは、
精神分裂病と言われていたのが統合失調症。
現在はその名も世間に浸透しています。

19世紀に見つかったこの病気は、
思考に対する病気であり、
それが日常生活に及ぶことによって、
さまざまな不都合を呈しているのです。

100人に1人は統合失調症で悩んでいると言うほど、
有病率が高い病気であることがわかります。

ですから、
人事ではない病気なのです。

しかも、原因は今のところ不明。

放置すると症状が進行してしまうということもあり、
早期から適切な治療を行わなければならないとされているのです。

薬物療法や行動療法など、
さまざまな方法でアプローチが行われ、
少しでも生活の質を高めようというサポートが、
多職種によって考えられています。

▶統合失調症についてこちらをクリック

決して珍しくない統合失調症という病気。
それは、発生頻度の高い病気としても注目されています。

自分だけの世界に閉じこもり、
人とのやり取りが粗雑になってしまうこの病気は、
一般的に考えると信じられない言動や行動を起こしてしまうことでも有名。

ですから、
ある意味「気ちがい」として見られることもあるのです。

このように、偏見めいた見方もされてしまう統合失調症
その治療は積極的に行われているものの、
まだまだ病前のようなもとの人格に戻ることができず、
自他共に困っているというケースは多いのです。

今回のまとめ

日常生活でもさまざまな面で困ることがある統合失調症。
それを少しでも自分自身で抑えるのは大変です。

本人も周りの支えがあってこそ、
現在の自分がいると言っているように、
精神的な不安定さというのは、
とても大変なことなのです。

ただ、玉置浩二は統合失調症ではなく、
自身の状態を躁うつ病であるとしています。

それでも、
精神的な不安定さを抱えているという部分では、
統合失調症に近いものとして考えても間違いではありません。

それでも自分ができることを行い、
今もなお芸能界で活躍する姿を見ると、
それに魅了される人は多いのでしょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ