黒柳徹子が病気!発達障害!読書障害と計算(算数)障害!

今回は黒柳徹子さんの病気!
発達障害(読書障害・計算(算数)障害)の噂について
書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

人気司会者でもある
黒柳徹子さんの発達障害の噂は、
本当なのでしょうか!

黒柳徹子のプロフィール

本 名:黒柳徹子
出身地:東京府東京市赤坂区乃木坂
生年月日:1933年8月9日
出身校:東洋音楽学校声楽科卒業▶慶應義塾大学文学部中退

黒柳徹子 読書障害

http://blog.goo.ne.jp/ram-butaneko/e/d6df103e425413785808cdc988c6d4f1より引用

「徹子の部屋」の司会としても有名だが、
累計800万部を売り上げている超超超超ベストセラーの
「窓ぎわのトットちゃん」の著者としても有名!

800万部って凄いですよね!
単純に計算してみて、
文庫で700円で、
印税を7%として
700円×8,000,000部×0.07は
382,000,000円
という収入になるわけですが、
簡単に計算してみても
とんでもない数字になりますよね!

黒柳徹子さんは日本テレビ放送開始から、
第一線で働いている超重鎮です!

スポンサーリンク

黒柳徹子の障害や病気の事実とは?

黒柳徹子さんの発達障害というのは、
どうやら事実の様です。

黒柳徹子さん自身が告白されています。
黒柳徹子さんは、
計算(算数)障害と読書障害と言っています。

▶発達障害についてはコチラをクリック

ではどのような事がおこるのでしょうか?

計算障害について

計算障害は「算数障害」
「ディスカリキュア」とも言うようです。

名前の通り、
とっさに計算が出来ないという事です。
一般的な算数や計算能力と言われるものよりも
低い状態のことをいいます。

計算障害(算数障害・ディスカリキュア)が軽度の場合は、
治療教育とよばれるものをおこなうそうです。

しかし中には重度の計算障害(算数障害・ディスカリキュア)を
持つ方もいらっしゃいます。

そういった方は、
日常生活が困難になる可能性があります。

読書障害について

読書障害は別名ディスレクシアと言われます。
知的能力や理解能力には異常が無いのですが、
読み書きに著しく障害を抱えます。

例えば良く似た文字が理解できない、
文章を読んでいると、
どこを読んでいるかわからない、
字を読むと頭痛が出る。

逆さに文字を読んでしまう等があります。

アメリカでは2割近くの人が読書障害に関わる
障害を持っているとも言われます。

著名人でも読書障害(ディスレクシア)と
言われている人は多く。

ハリウッドスターの「トム・クルーズ」は自身で公表、
キーラ・ナイトレイは録音読書で学習していたりしてます。

治療法としては、
キーラ・ナイトレイがやっているように、
文字を音声化して理解させる事をします。

テキストを人口音声で読み上げるなどです。

今回のまとめ

学習障害という事も乗り越え、
第一線で活躍する黒柳徹子さん!

そのパワフルな姿に、
いつも驚きを隠せません。

とても発達障害とは思えませんよね!
別に障害だろうとなかろうと、
しっかり自分の意志を持ってやれば
出来ない事なんて無いのかもしれませんね。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ