蛭子能収の病気は認知症だけでなく発達障害ADHDも!?伝説を検証!

タレント・漫画家の蛭子能収さんに
病気の噂が!

TV番組で認知症と診断された他にも
発達障害やADHDではないか?
という事も言われています。

スポンサーリンク

今回は蛭子能収さんの
蛭子伝説を検証してみたいと思います。

蛭子能収のプロフィール

本 名:蛭子能収
出身地:熊本県牛深市
生年月日:1947年10月21日
身長:174cm

蛭子能収 認知症

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/3798/0/0/1.htmlより引用

遠洋漁業の家庭に産まれる。
兄も漁師!

1973年に月刊漫画ガロにて漫画家としてデビュー!
しかし経営難で原稿料が出なかった。

その後ガロ以外の媒体にも進出し、
つげ義春や前衛映画にも影響を与えたと言われている。

1976年には東京乾電池の旗揚げに携わり、
舞台俳優としても活躍、
教師びんびん物語に出演し、
俳優としても活躍する。

意外ですね。
俳優としての顔も持っていたなんてちょっとビックリです。

その後はタレントとしても活躍しています。

スポンサーリンク

蛭子能収の病気は認知症・発達障害ADHDか!?

主治医が見つかる診療所の予告で、
蛭子さん認知症と診断されてしまったようです。

▶認知症についてはこちらをクリック

そもそも認知症の原因は、
なんなのでしょうか?

病気やストレスなど様々な要素があげられます。
現代の医学が発達した中でも、
まだ明らかになっていない部分が多々あるようです。

まずは生活習慣を見直す事が大切とも言われています。

軽度認知症の場合は、
物忘れ等が酷く、
昔の記憶は全く忘れません!

会話も記憶を必要とする会話は難しいようです。

しかし蛭子さんはこの認知症の他にも、
発達障害・ADHDかもしれないと言われているのです!

▶発達障害についてはこちらをクリック
▶ADHDについてはこちらをクリック

そもそもなぜ蛭子さんが発達障害や
ADHDと言われる様になったのでしょうか!?

蛭子能収の伝説

発達障害やADHDと言われる様になったのは、
いくつかの伝説からです!

伝説その1
産まれた子供が死産だった。
死産だった子供は上障がい児だったことを知って、
やったぁ〜と喜んだ!
医者から遺体をサンプルで欲しいと言われ笑顔で承諾!

伝説その2
人が死ぬと楽しい。おかしくて笑ってしまう。

伝説その3
ファンクラブの会長だった高校生がバイクで無くなった時、
葬儀で笑えるのをこらえる。
お化け屋敷で壁に絵を書く仕事を貰った時に、
会長の死体を持ってくれば良かった!発言する。

伝説その4
タモリさんが番組で井の頭公園の思い出を聞くと、
「家内と良く青姦をしに来ました!」と発言。

伝説その5
3子の父親であるが子供に興味がなく
「子供は好きではない」「子供と二人きりになると気まずい」「子供の成長に興味がない」との事!
4人の孫がいるも「孫の名前が覚えられない」など、孫にも興味がない。

他にも沢山あるのだが…

こういった所から
発達障害やADHDと言われているようです。

発達障害やADHDの特徴として、
他の子供に関心が無いことや、
一人遊びが多く集団行動が苦手です。

それに人との関わり方もかなり独自で、
自分の話したい事しか口にしない、
自分の好きな事や興味のある事には、
毎日何時間でも熱中するなどが特徴になります。

大人になるに連れて、
対人関係に悩む人もいるようです。

これだけみるとまさに蛭子さんじゃんって
思ってしまうのは私だけでしょうか!?

今回のまとめ

蛭子さんせめてお孫さんやお子さんの事は
可愛がってあげましょうよ!

ギャンブルで遊ぶのもいいけど、
たまには家族サービスなんかも
よいんじゃないのでしょうか!?

意外とテレビとプライベートは、
違ってバッチリ家族サービスしてるんじゃないでしょうか!?

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ