高倉健の病気は悪性リンパ腫!高倉健さん死去について

11月10日に悪性リンパ腫の病気で亡くなった
高倉健さん。

映画「あなたへ」が遺作となった高倉健さん。
高倉健さんを苦しめた悪性リンパ腫について、
今回は調べてみました!

スポンサーリンク

高倉健のプロフィール

名前:小田 剛一
生年月日:1931年2月16日~2014年11月10日
出身地:福岡県中間市
身長:180 cm
出身校:福岡県立東筑高校→明治大学商学部商学科

高倉健 病気

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200610270174.htmlより引用

高倉健さんは、
1959年に江利チエミさんとご結婚をされています。
3年後に子供を授かった様ですが、
重度の妊娠高血圧症候群から残念ながら、
出産する事が出来なかった様です。

その後1971年に2人は離婚。
原因は江利さんの異父姉が原因だった様です。
芸能レポーターの調べでは、

「異父姉の横領と虚言が離婚の引き金だったことを知ったチエミさんは、
ハワイにいた健さんを追いかけ詫びようとしましたが、
2人は元に戻ることはありませんでした。
憎しみ合って別れたわけではありません」

と言う事を話していた様です。

スポンサーリンク

高倉健を苦しめた病気 悪性リンパ腫とは

高倉健さんを苦しめた病気、
悪性リンパ腫とはいったいどんな病気なのでしょうか!?

高倉健さんの容態が悪化したのは、
次の映画の撮影に向けていた最中だった様です。

▶悪性リンパ腫についてはコチラをクリック

悪性リンパ腫は痛み等が無いため、
なかなか気がつかず、
気がついた頃には、
すでに手遅れてという事が多い病気の1つになります。

日本人は胃からの症状が多いと言われています。

病気の主な症状としては、
「発熱」
「倦怠感」
「体重の減少」
「寝汗」等が見られます。

発生の確率も1年間の間に10万に男性が約9名、
女性は6名の割合で発生します。

主な原因として考えられるのは、
化学物質・放射線等から、
ヘリコバクター・ピロリ菌も発生の原因とも言われています。

他にも、
ヒトヘルペスウイルス6型や8型、
C型肝炎ウイルスといった事も原因では?と言われています。

悪性リンパ腫には二通りあり、
発症した場合5年生存する確率としては、
ホジキンリンパ腫
I約90%
II約80~90%
III約65~80%
IV約40~65%

非ホジキンリンパ腫
I約70~90%
II約70~80%
III約50~70%
IV約50~65%
となっています。

比較的早い段階で治療を始めると、
生存確率もかなりの割合で高いです。

今回の高倉健さんの病気の症状は、
関係者の方も特に高倉健さんの容態が悪い様には、
見えなかったという事から、
本人も気づかず末期の方になっていたのかもしれませんね。

しかし本当に残念で仕方がありません。

今回のまとめ

高倉健さんといえば、
演技ももちろんの事、
その人柄も人気でした。

海外にもファンが多く、
映画でも数々の伝説を持っていました。

あの名台詞
「不器用ですから」

本当に残念です。
ご冥福をお祈りします。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ