赤井英和がtennの通夜は喪服でなくアロハ!脳挫傷と苦難の内容とは

先日亡くなったTENNさんの通夜で喪服ではなく、
アロハで登場した赤井英和さん。
その豪快な姿が印象的。

スポンサーリンク

実は赤井英和さん脳挫傷だったという噂!
その事について調べてみたいと思います。

赤井英和のプロフィール

本 名:赤井英和
出身地:大阪府大阪市西成区
生年月日:1959年8月17日
身長体重:178cm/82kg
出身校:私立浪速高校▶近畿大学商経学部卒

赤井英和

http://www.planningmay.com/office/modules/talent/index.php?content_id=14より引用

ボクサーとして活躍、
「浪速のロッキー」として人気を誇る。
また大阪はバラエティ、東京は俳優と2つの顔も持つ。

中学時代からケンカが強く、
しかし弱いものには手を出さない硬派な一面も持っている。
当時喧嘩に明け暮れていた時は、
亀田三兄弟の父親、
亀田史郎さんとも面識があり、
赤井英和は当時を振り返り
「どつきに行ったら史郎君はまだ小学生だった!」という、
エピソードも言っている。

高校進学と同時にボクシング部で活躍したのをきっかけに、
ボクサーとしてメキメキと当確を現し、
人気のボクサーとして活躍します。

引退後はバラエティや俳優として活躍!
お茶の間の人気者となります。

赤井英和がTENNの葬儀にアロハで参列

先日亡くなった上原多香子さんのご主人のTENNさんの葬儀に、
赤井英和さんがアロハで出席した事が話題になっています。

お葬式にアロハ!
と思う方もいらっしゃるでしょう!

こちらがインタビューの写真。
赤井英和 アロハ

http://img.news.goo.ne.jp/picture/dailysports/s20140927058_2014092705805.jpgより引用

なんでもお通夜に間に合わなくて、
アロハで駆けつけたそうです。

しかしネットでは、
「アロハはないでしょう!」
「アロハはTPO!でも柄が違う。」等、
様々な声があがっているようです。

でもTENNさんが亡くなった事、
赤井英和さん相当ショックだったんですね。

号泣されていました。

スポンサーリンク

赤井英和と脳挫傷と家族の苦難

赤井英和さんはボクシングの1985年の試合で、
急性硬膜下血腫、脳挫傷で手術をおこなっています。

ちなみにこの手術の生存確率は50%という、
とても危険な手術だったそうです。

手術は無事に成功し、
今は俳優としてタレントとして活躍をされています。

▶急性硬膜下血腫についてはこちらをクリック
▶脳挫傷についてはこちらをクリック

しかし赤井英和さんは他にも病気で苦難を強いられています。
それは娘の赤井つかささんの「白血病」だった。

なんでも小学5年生までずっと治療をしていた、
つかささん。

いまはすっかりと元気になったそうだが、
当時を振り返ると涙が止まらないという。

▶白血病についてはこちらをクリック

白血病の原因は不明ですが、
抗がん薬や放射線などの治療のあとで起こる、
「二次性白血病(にじせいはっけつびょう)」もあります。

今回のまとめ

色んな困難に立ち向かい、
いつも元気な赤井英和さん!

だからこそTENNさんが亡くなったときも、
豪快に泣いてのでしょう。

そして自身の怪我も乗り越えて、
ますますのご活躍を願ってこれからも応援して行きたいと思います。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ