林家木久扇の病状は喉頭がん!笑点復帰と息子の落語

林家木久扇さん喉頭がんの病状でしたが、
現在は病状も回復してきているようです。

スポンサーリンク

今回は、
林家木久扇さんの喉頭がんについて、
みたいと思います。

林家木久扇のプロフィール

本 名:豊田 洋
出身地:東京都中央区
生年月日:1937年10月19日

林家木久扇 症状

http://www.bangkoknavi.com/special/5024202より引用

太平洋戦争による使用人の出征であり、
東京大空襲によって店の全焼などを経験し、
家族が離ればなれになってしまい、
小学生の頃から新聞配達でお金を稼ぐ!

そのため、貧乏を嫌いビジネスをしっかりと考えている。

林家木久扇は、
「現在の多くの若い落語家は経済観念が欠落している」
という様なコメントも残している。

笑点等ではおバカキャラを全面に出しているが、
桂歌丸は、
「馬鹿を装っているのが一番楽。(木久扇は)頭が良い」と賞賛している。

林家木久蔵と林家木久扇

実の息子は現在、
2代目林家木久蔵として活躍している。
2007年に林家木久蔵を息子に譲る際は、
自身の芸名を公募にて選出している。

当時のメンバーも一緒に考えてくれたのだが、
「林家 トヨタアート」「林家 木久りん」「椎名巌」
「林家 二十円」「齢 七十郎」
と散々な結果となったそうだ。

スポンサーリンク

林家木久扇の喉頭がん病状について

林家木久扇さんですが、
若いなぁ〜と思っていたのですが、
70歳もうすぐ後半なんですね!

テレビに出演されていると、
若く見えるのでしょうかね!

喉頭がんを公表した林家木久扇さんですが、
放射線治療で対応をされたようです。

現在の元気な姿をみると病状は、
回復に向かっているのでは?
と思います。

▶喉頭がんについてはこちらをクリック

ちなみに初期の喉頭がんだったようで、
放射線治療を1ヶ月程されたそうです。

喉頭がんの症状ですが、
・声のかすれ
・声枯れのどの痛みや異物感
・血痰
・首のしこり
・呼吸がしにくい
・食べ物が飲み込みにくい(嚥下障害:えんげしょうがい)

林家木久扇さんも初期症状だったようですが、
喉頭がんの初期症状は、
喉の風邪に似ているととも言われているため、
発見が遅くなるケースもあるようです。

喉頭がんは4つのステージに分けられます。
ステージ3はリンパ節に転移している、
進行がんになるため、
この場合は声が出なくなってしまう場合もあるようです。

声が無くなってしまったら、
落語家としては致命的ですよね!

今回のまとめ

症状も少しずつですが、
柔いでいっている様なので、
林家木久扇さんの元気に、
喉頭がんもいなくなってしまったんでしょうね!

まだまだ元気に笑点での活躍楽しみにしたいですね。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ