市村正親の胃がんステージとスキルスはどの病院! 略奪婚と子供は

市村正親の胃がんステージは本当に初期で発見されたのか?
スキルス胃がんで都内のどの病院で手術を受けたの?

スポンサーリンク

完全復帰まで略奪婚で子供二人をもうけた、
篠原涼子が手厚くサポートすると宣言!

市村正親のプロフィール

本 名:市村正親
出身地:埼玉県川越市
生年月日:1949年1月28日
身長体重:170cm/60kg
出身校:埼玉県川越商業高等学校→舞台芸術学院

市村正親

http://www.cinematoday.jp/page/N0020432より引用

舞台芸術学院卒業後、
3年間西村晃の付き添いをしていたが、
1973年に劇団四季「イエス・キリスト=スーパースター」のオーデションを受け見事合格。
ロデ役でデビューを果たす。
1974年には正式に劇団四季へ入団し、
「ウェストサイド物語」「エクウス」「オペラ座の怪人」など数々の舞台に出演。
1980年代には看板をはるまでに成長するが、
1990年に退団。
その後、ミュージカル、ストレートプレイ、一人芝居、テレビドラマ、
ナレーションなど活動の場を広げていく。

市村正親と篠原涼子の略奪婚の真相と子供について!

おしどり夫婦、
24歳差の仲良し夫婦、
として知られる、
市村正親・篠原涼子ご夫妻ですが、
実は市村正親は1984年に劇団四季の女優・八重沢真美と結婚し、
2003年に離婚しており篠原涼子とは2度目の結婚です。

市村正親と篠原涼子が結婚したのは、
2005年のことなので特に違和感を感じなかった、
という方も多いかもしれませんが、
実は、市村正親が八重沢真美と婚姻関係にあった、
2001年にハムレットで恋人役で共演し、
交際がスタート!

八重沢真美との離婚の原因は、篠原涼子だった!
つまり、
市村正親と篠原涼子は不倫から始まった!
篠原涼子の略奪婚だったということですが、
今は、子供二人に恵まれ幸せに暮らしているようです。

市村正親の胃がんのステージとスキルは!病院はどこなのか?

2014年6月下旬に体調不良を訴え、
来院すると急性胃炎との診断が下り入院。

その際、
受けた精密検査により胃に潰瘍が見つかり、
病理検査に出したところ悪性腫瘍「胃がん」であると判明、
告知された市村正親。

しかし、
幸い危険性の高いスキルス性胃がんではなく、
初期の胃がんだったようです。

市村正親の胃がんについては、
7月27日に所属事務所のホリプロが、
「胃がんと告知され、出演中だったミス・サイゴンを降板、
また出演を予定していた日曜劇場も降板するなどしてスケジュールを空け、
都内の病院へ入院する」
旨を書面で発表し世間の知るところとなったが、
ステージをはじめ詳しい病状に関しては公表されなかった。

▶胃がんについてはこちらをクリック

市村正親の胃がん手術が終わった今となっても、
「初期だった」とだけ伝えられており、
ステージに関する情報は出回っていません。

また、病院についても都内の病院とだけ伝えられておりどこなのか?
公表されていませんが、
腹腔手術を受け2週間足らずで退院されていることから、
都内で腹腔鏡手術を得意とする、

スポンサーリンク

・北里大学東病院外科
・東海大学医学部附属病院消化器外科
・癌研有明病院消化器外科
・東京医科歯科大学医学部附属病院食道・胃外科

の中の、
何処かではないか?という噂が流れています。

今回のまとめ

市村正親は、
8月3日都内で会見を開き時々ジョークを交えつつ、
「克服して元気に戻ってきました」と全快宣言!

また、胃の半分を切除したため、
体重が4.5㎏減ったことも明かしていました。

半分もの胃を取除いたので、
しばらくは食事も少量ずつ、
1日何回にも分けて食べることになると思いますが、
子供と一緒にサポートする!と宣言した奥様がついているのですから、
心強いことでしょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ