川島なお美の病気の肝内胆管癌(がん) 5年生存率ステージや症状は!

ワインでも有名なタレントの川島なお美さん。
2014年1月に胆管がんの手術を受けていた事を告白!
5年生存率50%である事も告白している!

スポンサーリンク

今回は川島なお美さんが戦っている、
肝内胆管癌について書いてみたいと思います。

川島なお美のプロフィール

本 名:鎧塚 なお美
出身地:愛知県名古屋市守山区
生年月日:1960年11月10日
出身校:愛知県立中村高校→青山学院大学第二部文学部英米文学科卒業

川島なお美 病気

http://plaza.rakuten.co.jp/kimonoasobi/diary/200903110000/より引用

フランスの四大ワイン産地から騎士号を授与される位、
ワインが大好きな川島なお美さん。

2007年にパティシエの鎧塚俊彦さんと婚約!
その後に結婚。

実は鎧塚俊彦さんも
2012年に網膜中心静脈閉塞症という病のよって、
左目の視力がほぼ無くなっている事を
川島なお美さんがTVにて告白しています。

スポンサーリンク

川島なお美の病気の肝内胆管癌について

川島なお美さんが戦っている病気、
肝内胆管癌とはいったいどんな病気なのでしょうか?
あまり聞き慣れない病気だと思います。

女性よりも男性に多くみられる病気で、
症状がなく、
症状出て診察した頃にはかなり進行しているという、
やっかいな癌になります。

▶肝内胆管癌についてはこちらをクリック

病気の主な原因は、
肝内結石(かんないけっせき)と関連する、
慢性感染や炎症がその原因とも言われています。

症状は進行がかなり進むまで気づかない為、
症状としては、
「皮膚がかゆい」「尿が濃くなった」といった症状が
現れます。

肝外胆管がんには、
場所によって呼び名があり、
肝門部胆管がん、上部胆管がんという様に、
上部へいく程手術が困難になっていきます。

治療としては、
肝切除術が治療となります。

最近は手術の技術もあがって着ているため、
患者さんの容態等を考え、
胃を切除せずに、
温存していく事も行われている様です。

また胆管がん手術後の5年生存率は、
50%である様にかなり厳しい状況でもある。

今回のまとめ

ご夫婦揃って病気に立ち向かう姿勢に
心を奪われた方も多いはず。

生存率50%という事ですが、
きっと川島なお美さんご夫婦だったら、
それもまた乗り越えて元気な笑顔でTVに
出演してくれる事をいつまでも願っています。

TVで特番やって居た時、
みたけど元気出たので、
見ている人の多くの方も元気貰ったんじゃないでしょうか!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ