病気や怪我について!その④

病気や怪我は生きている上でつきものです。
またこういった病気や怪我が大きくコレからの人生に関わってきます。

スポンサーリンク

自身の病気や怪我に悩まされている時に、
芸能人の病気や怪我に負けずに前向きな姿に、
心が奪われる事もあります。

私達も前向きに頑張っていきましょう!

エイズとは
ヒト免疫不全ウイルス(HIV:human immunodeficiency virus)によって起こる疾患で、免疫を受け持つ細胞のリンパ球(ヘルパーTリンパ球)に感染し、免疫機能が低下する。ウイルスに汚染された血液の輸血や血液製剤の投与、激しい性行為などで感染し、また、母乳による垂直感染もある。潜伏期間は数年といわれ、感染者の10〜30%が発症する。発熱、体重減少、疲れやすさ、下痢、貧血などの症状で始まり、種々の日和見感染症や悪性腫瘍を起こす。日和見感染症ではニューモシスチス・カリニ肺炎が多く、その他、サイトメガロウイルス感染症、単純疱疹(ほうしん)ウイルス感染症、EBウイルス感染症、結核、真菌症、原虫感染症が見られ、悪性腫瘍としてはカポジ肉腫が特徴。近年では多くの抗エイズ薬が開発され、治療できるようになっている。しかし、まだ予後は悪く、早期の治療が必要である。(http://kotobank.jp/より引用)

大腸ポリープとは
大腸ポリープ大腸ポリープの数は、ほとんどが1~5個程度ですが、炎症性ポリープでは100個以上みられることがあります。また、腺腫が1000個以上もできる家族性大腸腺腫症(かぞくせいだいちょうせんしゅしょう)という遺伝性疾患があります。この疾患は20~30歳代で大腸がんになるので、予防のための手術が必要になります。(http://kotobank.jp/より引用)

慢性閉塞性肺疾患とは
息切れや咳嗽(がいそう)・喀痰(かくたん)の増加などを主な症状とする、進行性肺疾患の一。「肺の生活習慣病」ともいわれ、喫煙などにより有害物質を長期にわたって吸入することにより引き起こされる肺の機能低下・慢性炎症。気道に生じた炎症や肺胞に生じた障害が原因となり、空気の吸入・呼出が困難となる。肺高血圧症や心不全などの合併症を起こす場合があり、重症化すると呼吸不全などに至る。慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれていた病名を統合したもの。40歳以上の発症率が高く、WHO(世界保健機関)による世界の死亡原因としても上位に位置する。COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)。(http://kotobank.jp/より引用)

帯状疱疹とは
帯状疱疹は、体の片側に起きる強い痛みと、痛みがある部分にできる帯状の赤み、ブツブツ、水ぶくれが特徴の病気で、子どもの頃にかかることの多い「水ぼうそう」のウイルスが原因で起こります。発症は幅広い年代でみられますが、特に高齢の方で多く、患者さんの約70%は50歳以上の方です。(http://herpes.jp/z/what/より引用)

サヴァン症候群とは
精神障害や知能障害を持ちながら、ごく特定の分野に突出した能力を発揮する人や症状を言う。
 重度の精神障害を持つ人に見られる、ごく限られた特定の分野において突出した能力を発揮する人やその症状のことです。1887年に、J・ラングドン・ダウン博士により「イディオ・サヴァン(天才的白痴)」と名付けられ、のち「サヴァン症候群」と呼ばれるようになりました。
 その能力については特に規則性や傾向はありませんが、○月×日の曜日をすぐ当てられる、膨大な書籍を1回読むだけですべて暗記できる、一度聞いただけの曲を最後まで間違えずに弾ける、航空写真を一瞬見ただけで描き起こせるなど、異常なほどの記憶力・再現力が特徴といえます。
 一般的に男性に多く、また自閉症の人に多く見られます。サヴァン症候群についてはまだ解明すべき謎が多く残されていますが、現在では、左脳の損傷によるという説が有力視されています。(http://www.weblio.jp/より引用)

バセドウ病とは
バセドウ病は自分のからだの一部と反応する物質(抗体(こうたい)という)ができ、免疫(抗原抗体(こうげんこうたい))反応がおこることにより生じる病気(自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)(免疫のしくみとはたらきの「自己免疫疾患とは」))と考えられています。免疫異常がおこると、血液中に甲状腺を刺激する物質が、抗体としてたくさんできてしまい、それが甲状腺のはたらきを活発にするために、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうわけです。この病気は、人口10万人に対し約80人の割合でみられます。女性に多く(男性の3~5倍)、とくに20~30歳代にもっとも多く、ついで40歳代の順に多くみられます。
症状は、甲状腺(こうじょうせん)が腫(は)れて大きくなるため(甲状腺腫(こうじょうせんしゅ))、くびが太くなったようにみえます。また、脈が速くなって数が増え、1分間に120くらいになることもあります(頻脈(ひんみゃく))。このため、安静にしていても動悸(どうき)を感じることがあります。そして、約半数の人に、眼球(がんきゅう)が前方に突き出る眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)の症状がみられます。甲状腺腫、頻脈、眼球突出が代表的症状(メルセブルグの三主徴(さんしゅちょう))です。
そのほか、汗をかきやすい、手指が震える(振戦(しんせん))、からだがだるい、食欲が旺盛(おうせい)にもかかわらず体重が減ってやせてくる、神経過敏になり精神的に不安定になる、下痢(げり)が続くといった症状もあり、女性では月経異常(げっけいいじょう)(無月経(むげっけい)など)がおこることもあります。診察をすると、微熱、高血圧(とくに最高血圧の上昇)、不規則な脈(心房細動(しんぼうさいどう)などの不整脈(ふせいみゃく))もみられます。(http://kotobank.jp/より引用)

パーキンソン病
50歳以降に発症することが多く、いくつかの特徴的な症状がみられます。手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きづらくなるなどで、徐々に症状が進行し、10数年後には寝たきりになる患者さんもいます。有病率は、人口10万人に対し100人程度です。(http://health.goo.ne.jp/medical/search/10840700.htmlより引用)

大動脈弁狭窄症
大動脈弁に狭窄が起こると、左心室から大動脈に血液を十分に押し出せなくなってしまいます。また、左心室の内圧が上昇し、これに対応するため左心室の心筋(心臓の筋肉)が肥大します。心腔はあまり拡張しません(求心性肥大)。(http://medical.yahoo.co.jp/katei/060308000/より引用)

多発性硬化症とは
や脊髄の神経細胞には、軸索(じくさく)と呼ばれる突起があり、この突起が他の神経細胞につながり、細胞と細胞の間で情報の伝達を行っています。軸索には、それを包む 【さや】のようなものがあり、髄鞘(ずいしょう)と呼ばれます。髄鞘は、突起を保護 したり、電気的な情報の伝達をスムーズに行うような働きをしています。この髄鞘が、炎 症により壊されることを脱髄(だつずい)と言います。脱髄が生じると、神経細胞の情報 伝達がうまくいかず、麻痺やしびれをきたします。多発性硬化症は、脳や脊髄などの中枢神経に脱髄をきたす疾患です。炎症により、脱髄が生じる詳しいメカニズムはまだ分っていませんが、免疫の異常が想定されています。
(http://www.amahosp.amagasaki.hyogo.jp/nanbyo/tahatsusei.htmより引用)

潰瘍性大腸炎とは
大腸,特に直腸に生じる慢性の潰瘍性炎症。真の原因は不明であるが,自己免疫病説をはじめ,感染説,アレルギー説などいろいろの説がある。 30歳以下の成人に多い。おもに下痢が起り,便には粘液,膿,粘血便が混る。(kotobank.jpより引用)


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ