病気や怪我について!その⑤

芸能人の方が病気や怪我でも
前向きに頑張って居る方が多くいらっしゃいますよね。

スポンサーリンク

そう言った方から私達も多くの勇気やパワーを貰っています。
そんな病気や怪我にも負けず頑張る芸能人を
応援するサイトです!

良性発作性頭位めまいについて
耳が原因で起こるめまいのなかで最も頻度の高いもので、寝返りをうったり、寝ていて急に上半身を起こしたり、座っていて急に振り向いたり、棚の上のものを取ろうとして急に上を向いたりした時に、急激に回転性の激しいめまいが起こる病気です。
 昔、結核(けっかく)にかかってストレプトマイシンを使った人、交通事故などで頭の外傷を受けた人、あるいは慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)のある人などに多く起こります。

アスペルガー症候群について
アスペルガー症候群は、知的障害のない自閉症と呼ばれていますが、当然個人差はあります。しかし、多くのアスペルガー症候群の人たちにみられる一番大きな特徴として挙げられのは、他人とのコミュニケーションが非常に苦手であるという点です。これは、親兄弟などの身内でも同じです。
アスペルガー症候群の障害を持っている人が、他人とのコミュニケーションが苦手となる理由は、抽象的なことを理解する感性が欠如している傾向にあるためです。例えば、他人の表情などから、「悲しい」「怒っている」「嬉しい」などの感情を察することが苦手なのです。
このような障害を持っているため、相手を傷つけるようなことを言ってしまっても、それに気付けず相手の気分を害したままにしてしまうこともあります。

自閉症とは
脳の機能障害あるいは成熟の遅れが原因と考えられている障害。乳児期から他者と視線が合わない、あやしても笑わないなど、愛着行動の遅れが見られる。しかし、親や世話をしてくれる人に愛着を示すようになり、人を拒絶しているわけではない。特徴としては、幼児期には表情の乏しさや反応の少なさなどが見られ、また、他の子供に無関心で遊びに加わらない、言葉の遅れや他人の言葉を繰り返す(反響言語)、抑揚のない話し方、などがある。こだわりが強くて生活上のパターンの変化を嫌がり、儀式的な行動が見られる。通常、3歳くらいまでに特有の症状が出現するが、年齢によってその現れ方は変化する。幼児期からの自閉症療育で、成長してからの状態が改善する率が高くなる。

性同一性障害とは
性同一性障害とは、医学的な病名です。すなわち、「生物学的には性別が明らかであるにもかかわらず、心理的にはそれとは別の性別であるとの持続的な確信をもち、かつ、自己を身体的および社会的に別の性別に適合させようとする」障害です。

チック症とは
チックとは一種の癖のようなもので、乳幼児期から学童期にかけ、心と体の成長・発達の過程で多くの子どもにみられるものです。これが固定・慢性化して激症化するとチック症と診断されます。
 子どもにみられるチックは、一過性・発達性チックといわれるものが大多数です。しかし、子ども専門の精神科では、心身症ないし神経症レベルのチック症が比較的多くみられます。チック症の重症型といわれる慢性多発性のチック症(トゥーレット症候群)は、学童・思春期に比較的多くみられます。

斜視とは
両眼の視線(黒目の方向)が違う方向を向いていることです。片側の眼が外側を向いていれば「外斜視」、内側を向いているときは「内斜視」といいます。ものが2つに見えたり重なって見えたりするために、一方の眼だけでものを見るようになります。そのままにしておくと他方の眼の視力が弱くなってしまうので、早く発見し、早い時期に矯正治療をスタートすることが大切です。

アトピーとは
かゆみの強い慢性の湿疹で、 増悪ぞうあくや軽快を繰り返します。多くの場合、アトピー素因(気管支 喘息ぜんそく、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などを生じやすい体質)をもつ人に生じます。主に小児期に発症し、成人では軽快することが多いのですが、成人になって再発したり、重症になることもあります。

過食症とは
溜まったストレスを暴飲暴食で発散してしまうことは、健康な人にもあること。しかしこの行動が行き過ぎてしまった場合、心の病気である過食症を発症してしまうことがあります。過食症は正しくは「神経性大食症」と呼びます。


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ