病気や怪我について!その①

人は生きている以上誰でも、
病気や怪我に見舞われます。

スポンサーリンク

そんな時きちんと病気や怪我と向き合って対応する事が、
とても大切な事です。

身近な所では芸能人の人達も病気や怪我に悩まされながらも、
一生懸命活動をしています。
そんな芸能人の方々から元気を貰っています!

応援するのと同時に一緒に病気についても学んでみましょう!

大動脈解離について
大動脈(だいどうみゃく)の壁に内膜亀裂(ないまくきれつ)(裂け目)が生じ、中膜(ちゅうまく)内に血液が流入し、大動脈が真腔(しんくう)と偽腔(ぎくう)(解離腔(かいりくう))に分離された状態を大動脈解離(だいどうみゃくかいり)といいます。発症後2週間以内のものは急性解離(きゅうせいかいり)といいます。 解離はしばしば、大動脈が始まるところから腹部大動脈の分岐部(ぶんきぶ)を越え、その末梢(まっしょう)にまで達します。 末梢側で再び解離腔と真腔とが交わり、解離腔が拡大して瘤(こぶ)になったものが慢性解離性大動脈瘤(まんせいかいりせいだいどうみゃくりゅう)です。 (http://kotobank.jp/より引用)

認知症について
認知症とは加齢による記憶障害を主とした病気全般を指す。認知症には脳血管障害によるもの、アルツハイマー病、その他様々なものが含まれる。脳血管障害による認知症には、脳血管が詰まって起こる脳梗塞や血管が破れて起こる脳出血などが含まれている。脳血管障害による認知症では障害部位によって症状が異なり、単なる記憶力の低下だけではなく、めまい、しびれ、言語障害、知的能力の低下など様々な症状を示す特徴がある。アルツハイマー病は初老期の認知症の代表的なもので、脳が全体的に萎縮し、大脳皮質に特異な老人斑が現れて神経原線維に変化が起こる。まず記銘、記憶に障害が起き、特に新しい記憶の障害が目立つ。病気が進行すると、徘徊や多動傾向が見られ、昼夜逆転も生じる。人格が次第に崩壊し、感情の豊かさが失われ、やがて失語症や失認症などが起こる。原因は不明で、治療法は確立していない。(http://kotobank.jp/より引用)

拒食症について
神経性無食欲症がそれにあたります。痩せようとして、あるいは太ることをおそれて厳しい食事制限をしているうちに、食欲が極度に減退して著しくやせる病気。思春期の少女に多くみられる。思春期やせ症。拒食症。アノレクシア。AN(anorexia nervosa)。(http://kotobank.jp/より一部引用)

栄養失調について
食事からの栄養素の供給が不十分,もしくは吸収障害や体内での利用障害,体組織の崩壊などによって栄養素の欠乏した状態。栄養障害と同義語。発育不良,やせ,浮腫,下痢,貧血,低血圧,体温低下,感染抵抗力低下,皮膚蒼白(そうはく)および疲労感,無気力などを伴う。(http://kotobank.jp/より引用)

パニック障害について
パニック障害は、ある日突然、めまい、心悸亢進、呼吸困難といった自律神経の嵐のような症状とともに激しい不安が発作的に起こる病気です。医師の診断を受けても身体的にはどこも異常なところは発見されません。ですから、従来は、専門医からは不安神経症とかうつ病と診断されることが多く、一般医からは自律神経失調症、心身症、心臓神経症、過呼吸症候群、心室性頻脈、狭心症、メニエ-ル症候群、過敏性大腸炎、と診断されていることが多い状態です。
(http://www.fuanclinic.com/byouki/a_01.htmより引用)

うつ病について
うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。 私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。(http://kokoro.mhlw.go.jp/about-depression/002.htmlより引用)

末期ガンについて
末期ガンとは「病巣が全身に転移してしまい、積極的な治療方法がほぼ無い状態となってしまったガン」の総称です。
最近では高度最先端医療での治療方法が進み、どのようなガン患者さんであっても早期の発見であれば完全治療も可能となってきています。ですが、発見が遅かった場合や進行の早いとされる若い患者さんの場合、症状によって は「末期ガン」と診断され余命を言い渡されることもあります。
しかし、だからといって全く治療方法や対処方法が無いというわけではもちろんありません。
手術などで病巣を取り除き、術後も全身に転移していかなければ全く問題が無い場合もあります。
たとえ手術ができない状況の場合でも、痛みの緩和・がん細胞の増殖を抑えるための投薬治療などの方法もあります。(http://www.camotare.info/1014_1/1014_1_1.htmlより引用)

胃がんについて
胃がんは、日本人に発生する悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の第1位を長年占めてきましたが、近年わずかながら減少の傾向にあります。しかし、世界的にみても、日本が胃がんの発生率がもっとも高い国の1つであることに変わりはありません。 胃がんはほぼ2対1の割合で男性が多く、年齢は50~60歳代が約6割を占めますが、高齢化社会を反映して、年々高齢者の割合も増えています。(http://kotobank.jp/より引用)

舌癌(がん)について
口のなかにできるがんで最も多いのが舌がんです。95%以上が舌の側縁にできます。舌の中央部にできるのはまれです。初期の舌がんではアフタ性口内炎と間違えやすく、放置していると進行がんになってしまいます。舌がんは表面に薄く広がるタイプと深部に向かって発育し腫瘤(しゅりゅう)を形成するタイプ、潰瘍(かいよう)を形成して深部に浸潤(しんじゅん)するタイプがあります。 頸部(けいぶ)リンパ節転移も多く、初回治療時にはなかったリンパ節転移が舌がんの治療後に出ることも多く、予後に影響します。(http://health.goo.ne.jp/より引用)

脳動脈瘤とは
脳の動脈の壁の一部分が、こぶや風船のようにふくらんでくる病気です。 動脈の内側からかかる圧(血圧)に耐えきれなくなって、動脈のふくらんだ部分が破裂(はれつ)(脳動脈瘤破裂(のうどうみゃくりゅうはれつ))すると、くも膜下出血(まくかしゅっけつ)(「くも膜下出血」)になります。動脈の壁に生まれつき弱い部分があって、血圧に押されて徐々にこぶのようにふくらんでくる場合がほとんどと考えられていますが(先天性)、脳の動脈の動脈硬化(どうみゃくこうか)、脳の動脈への細菌の感染、頭部外傷などが原因でおこることもあります(後天性)(http://medical.yahoo.co.jp/より引用)


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ