病気や怪我について!その③

俳優や女優さんから力を沢山もらっていると思います。
元気が無くても好きなタレントが出てると元気になっちゃう!

スポンサーリンク

病気や怪我で悩んでいても、
あの俳優さんや女優さんも頑張っているならなんか自分も頑張れそう!
そんな事ってないですか!?

このサイトは病気や怪我に負けずに活躍している、
俳優さんやタレントの方を応援するサイトです!

ポリープとは
皮膚や粘膜の表面にできる,茎をもった腫瘤の総称。形は球状,楕円状などさまざまで,多くは血管に富み,表面はなめらかである。語源は腔腸動物のポリプと同様,ギリシア語のpolypous(多数の足をもった,転じて〈タコ〉〈鼻茸〉の意)に由来する。ポリープには炎症性のものと腫瘍性のものとがあり,後者には遺伝性のものや悪性のものがある。胃ポリープ,大腸ポリープ,膀胱ポリープなどが代表的なものである。(http://kotobank.jp/より引用)

肝臓病とは
肝臓病とは肝臓の組織に炎症が起き、腫れて熱をもった状態をいいます。病気の種類として、日本ではウイルスの感染によって起こるウイルス性肝炎がもっとも多く、ほかにはお酒の飲みすぎによるアルコール性肝炎などがあります。肝臓病は発症の仕方や経過によって、急性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎に分けられます。
急性肝炎は風邪に似た症状があらわれ、その後黄疸が出てきます。適切な治療でほとんどが治りますが、なかには重症化することもあります。慢性肝炎は急性肝炎からの移行もありますが、無症状のまま健康診断などで発見されることが多いようです。劇症肝炎は急性肝炎が短期間で悪化した状態のものをいいます。
肝臓病では、黄疸とともに強いかゆみがあらわれやすいといいますが、黄疸が出る前に皮膚がかゆくなる病気に、原発性胆汁性肝硬変というものがあります。自己免疫異常が原因で肝臓のなかに胆汁がたまり、肝臓の機能が低下していく病気です。厚生労働省の調査によると、年々患者数が増えており、中年女性に発症しやすいのが特徴だそうです。肝硬変という名称がついていますが、実際に肝硬変に至るのは1割程度といわれています。(http://www.k-medicalnet.co.jp/health/letter/post-5.htmlより引用)

すい臓がんとは
脂肪の摂取量の増加にともなって、最近少しずつ増加の傾向にあるのが膵臓(すいぞう)がんです。50~70歳代の男性に多くみられ、発見、治療ともむずかしい病気です。
膵臓は胃の裏側にあり、日々の生活ではなじみの薄い臓器です。また肝臓同様、なんらかの変調が起こっても、自覚症状がでにくいため、早期発見がむずかしいのです。特徴的な症状もなく、みぞおちの不快感や痛み、食欲不振を感じる程度で、黄疸(おうだん)や背中の痛みを訴えて受診したときには手遅れ、ということにもなりかねません。
原因はまだよくわかっていませんが、大量かつ習慣的な飲酒、喫煙、脂肪のとりすぎ、コーヒーの飲みすぎなどが危険性を高めます。 また、急に糖尿病が発病したり、腹痛が長期にわたって続く場合などは要注意です。
癌だった場合は胃のあたりや背中が重苦しくなったり、お腹の調子の悪さ、食欲不振、体重の減少などがあるようです。(http://kotobank.jp/より引用)

発達障害とは
2004年に成立した発達障害者支援法により、発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などに類する脳機能の障害で、その症状が通常低年齢で発現するものとして政令で定めるもの、と定義されている。同法の制定に伴い、それまで不十分だった発達支援サービス(特性に応じた医療・福祉・教育的援助)を受けられるようになった。従来発達障害児が支援サービスを利用するためには、療育手帳か便宜的に精神障害者手帳を取得する必要があり、取得が困難なことも少なくなかった。したがってこの法整備の意義は大きく、疾病の早期発見や療育のための社会体制の構築がようやく各地で始まったところである。 08年3月現在、発達障害児に対する対策として、制度化はされていないが、3歳児健診に次ぐ、5歳児健診が検討されている。また、就学児童への対応として特別支援教育が実施されている。(http://kotobank.jp/より引用)

前置胎盤とは
胎盤は受精卵が着床した場所にできます。通常それは子宮体部…、子宮の上の方なのですが、なんらかの原因で子宮の下の方の着床しそのまま胎盤ができ、内子宮口の全部または一部を胎盤が覆ってしまう状態、それを「前置胎盤」と言います。ママにとっても、赤ちゃんにとっても危険性の高いハイリスク妊娠です。(http://memoru.babymilk.jp/ninnsinn/kouki/zentitaiban.htmlより引用)

直腸がんについて
直腸にできる腫瘍のなかで悪性のものを直腸がんといいます。近年、増加する傾向にありますが、これは健康診断で行なわれる検便(便潜血(べんせんけつ)検査)の普及、注腸X線検査、内視鏡検査の進歩により発見されることが多くなったことも、その背景にあります。
直腸がんは大腸がんの約半分を占めています。年齢は50~60歳代が多く、女性より男性のほうに少し多くみられます。
直腸がんができる原因はわかっていませんが、一般的には腺腫(せんしゅ)というポリープ状の良性腫瘍ががん化しておこると考えられています。また、直腸の正常粘膜(ねんまく)から小さいがんが直接できることがあるともいわれています。 (http://kotobank.jp/より引用)

咽頭がんについて
咽頭がんは上咽頭(じょういんとう)がん、中咽頭(ちゅういんとう)がん、下咽頭(かいんとう)がんとに分かれます。解剖学的には上咽頭は鼻の突き当たりで、上方は頭蓋骨、上外側は眼があり、外側には耳管咽頭孔(じかんいんとうこう)があり、前方は鼻腔になります。上咽頭がんでは頸部(けいぶ)リンパ節転移も多く、多様な症状を示します。
中咽頭は上咽頭の下方で軟口蓋(なんこうがい)の高さで区切られます。中咽頭には扁桃腺(へんとうせん)があり、前壁は舌根部(ぜっこんぶ)(舌の付け根の部分)です。中咽頭がんでは扁桃肥大と間違えられることもあります。また中咽頭には悪性リンパ腫もしばしばみられます。
下咽頭は中咽頭の下方で、食道入口部までが範囲です。下咽頭の前方には喉頭(こうとう)があります。
中咽頭がんや下咽頭がんでは、食道がんとの重複がんが多いのが特徴です。
(http://health.goo.ne.jp/medical/search/10F21200.htmlより引用)

脳挫傷とは
脳のいちばん外側を包む硬膜(こうまく)とその内側のくも膜の間の血管が切れて出血し、血のかたまり(血腫(けっしゅ))ができたのが硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)です。(http://kotobank.jp/より引用)

急性硬膜下血腫とは
外から加わった力のために、脳に断裂(切れ目)、むくみ(浮腫(ふしゅ))、小出血などの損傷(そんしょう)が生じた状態です。(http://kotobank.jp/より引用)

白血病とは
白血病は、血液の成分である血液細胞(白血球、赤血球、血小板)が「がん」になる、いわゆる血液のがんです。例えば胃がんなどは胃にできるがんですが、白血病は血球ができる骨髄の中でおきます。骨髄とは、骨の中にあります。血液のがんである白血病が発症すると、正常な血液細胞(白血球、赤血球、血小板)が減ってしまい、様々な症状が出ます。白血球が少なくなると細菌・ウイルスなどをやっつけることができず、感染症になったり、赤血球が少なくなると貧血になったり、血小板が少なくなると出血したりします。更に、がん細胞(白血病細胞)が体中にめぐると、さまざまな臓器に浸潤(いわゆる転移)して臓器の機能障害が起こります。白血病は年齢、性別を問わずに発生する病気ですが、実は、子どもと高齢者に多い病気なのです。(http://ganclass.jp/kind/aml/what.phpより引用)

ADHD(注意欠如多動性障害)とは
注意欠陥多動性障害不注意な過ちをする (注意欠陥) ,落ち着きがなく体をしょっちゅう動かす (多動性) ,衝動的な行動が目立つという症状がある行動障害。症状の出方により注意欠陥型,多動衝動型,混合型がある。症状は幼児から児童で目立ち,全体の3%ほどに見られる。(http://kotobank.jp/より引用)


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ