病気や怪我について!その②

病気や怪我は生きている上でつきものです。
またこういった病気や怪我が大きくコレからの人生に関わってきます。

スポンサーリンク

自身の病気や怪我に悩まされている時に、
芸能人の病気や怪我に負けずに前向きな姿に、
心が奪われる事もあります。

私達も前向きに頑張っていきましょう!

敗血症とは
敗血症からだのどこかに細菌による病気があって、ここから細菌が血液の流れの中に入って増殖(ぞうしょく)し、その生産した毒素によって中毒症状をおこしたり、細菌が血液の循環(じゅんかん)によって全身に広がり、二次的にいろいろな臓器に感染をおこす重い病気です。(http://kotobank.jp/より引用)

筋筋膜性腰痛症とは
腰痛症は筋性腰痛症または筋筋膜性腰痛 といわれるものが、その多くの割合を占めています。 筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)とは 筋肉が損傷したり 過緊張を起こしたためになる、腰痛症のことです。 損傷し、炎症を起こした場合は「ズキン」とか「ビリッ」という鋭い痛みを伴います。 過緊張を起こしている場合は、「重い」「だるい」または鈍い痛みを感じます。(http://1st.geocities.jp/frtatumi/back/backdou.htmlより引用)

胃腸炎とは
突然の嘔吐や下痢を伴う病気で、一過性のものをいいます。一般に、嘔吐は胃炎、下痢は腸炎の症状です。

主として、微生物やその毒素などで生じ、感染症型と毒素型に分けられます。微生物には、ウイルス、細菌、原虫などがあります。まれに、2つ以上の微生物によって起こることもあります。そのほか、化学物質やアレルギーなども関係します。 感染症法では、コレラ、細菌性赤痢(せきり)、腸チフス、パラチフスは2類感染症で、状況に応じて入院や消毒などの処置が必要です。 腸管出血性大腸菌感染症は3類感染症で、特定職種への就業制限・消毒などの処置が必要です。

アメーバ赤痢、クロプトスポリジウム症、バンコマイシン耐性腸球菌(たいせいちょうきゅうきん)感染症、感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎を含む)は4類感染症で、発症状況の収集と分析が行われ、その結果が公表されます。

急性胃腸炎は、食品などの原因物質や感染経路が明らかな場合がありますが、不明な場合も少なくありません。海外旅行などで、現地(滞在地)の食材や飲み水で感染することもあります。ペットなどから感染する場合もあります。

宿主(しゅくしゅ)(ヒト)側の免疫力が低下している場合は、感染が長期化する場合があります。また、急性胃腸炎が腸管のみに終わらずに全身に広がって、肝炎、脳炎(脳症)、腎炎、心筋炎などを生じる場合があります。(http://health.goo.ne.jp/より引用)

無菌性髄膜炎症候群とは
髄膜が炎症を起こす髄膜炎のうち、髄液の中に細菌が検出されないもの。無菌性髄膜炎症候群を起こす病原体にはウイルス、マイコプラズマ、寄生虫などがあるが、多くはウイルスを原因とする。夏期に多く見られる疾患で、主に発熱、頭痛、嘔吐といった症状が現れる。通常は入院して治療を行う。(http://kotobank.jp/より引用)

帯状疱疹とは
子供の時になった水痘と同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が、神経の付け根に残っていて、体調が悪いと活性化され、1本の神経支配領域に添って出来ます。
経過は多少ずれることがありますが、普通は3~5日位で皮膚の表面に現れて初期は赤い皮疹を作り1~2日位すると水膨も出来ます。
早期に内服開始が大事です。片側に急に皮疹又は痛みが出ると疑いがあります。皮疹が軽く・痛みが出てなくても早期に治療を開始すると楽に終れる病気です。
皮膚に出来る前から痛みが出現することが多く、痛みの強さは非常に耐えられない強い痛みの人と我慢できる程度の人と稀に全く痛みを伴わない人もいます。痛みではなく痒みを伴うこともあります。間違え易い病気には、皮疹が出た場合は虫刺され・湿疹です。皮疹が出て来る前は、痛みの場所に依っては、脳外科(くも膜下出血など)・眼科(緑内症)耳鼻科(中耳炎など)・整形外科(腰痛・関節痛・肋間神経痛など)内科(狭心症・胃潰瘍・腹痛・気胸など)といった他科を受診する場合が比較的多く、他科で疑われた病名が否定されてから皮膚科に来院するため治療開始が遅れることがしばしばあります。
皮疹・痛み・痒みの範囲が片側の場合は、まず皮膚科の受診をお勧めします。範囲が片側なのは、神経が背部から左右別々に出ているからです。片側性なので他の病気と区別がつきやすく、特徴的な皮疹が多く、経過も幾つかのパターンはありますが、比較的決まった経過です。皮膚科医には、簡単に診断がつきやすい皮膚病の1つです。(http://kotobank.jp/より引用)

子宮内膜症とは
子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患です。 子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、子宮内膜と同じようにはがれて出血します。卵巣内で増殖すると、毎月、卵巣にチョコレート状になった古い血液がたまって大きくふくれ、いわゆるチョコレート 嚢胞のうほうを形成します(図12)。 子宮内膜症は生殖年齢にある女性の10~15%に存在するといわれていますが、とくに最近増えています。その理由としては、腹腔鏡検査が進み診断能力が向上して病気が見つかるようになっていること、初婚年齢・初産年齢が上がっていること、出産回数の減少などが指摘されています。(http://medical.yahoo.co.jp/より引用)

不妊症とは
避妊(ひにん)をせずに性交渉があれば(性交渉の頻度はカップルによりまちまちですが)、約80%のカップルが1年以内に、10%のカップルが、つぎの1年以内に妊娠するというデータがあります。
つまり、2年以内に90%のカップルが妊娠するのです。 残った10%のカップルは、その後の自然妊娠の率が低いため、不妊症と呼ばれます。そして、この10%のうち、子どもをほしいと思う人が、病院を訪れることになります。
10%という数字は、決して少ないものではありません。しかし、ほかの病気と異なり、不妊症という場合には、赤ちゃんが欲しくて、避妊せずに性交渉をもっていても赤ちゃんができない人、妊娠しない人をさすので、赤ちゃんを希望していなければ、病気とは考えないのがふつうです。
不妊の原因は、後に述べるようにさまざまなものがあり、1つの病気でおこるのではありません。 「月経のおこるしくみ」と「妊娠の成立」(「月経のおこるしくみ」)で述べたように、いろいろな生理的現象がすべてうまくいって、結果として妊娠するわけですから、不妊症の治療では、まず、妊娠しない原因を探さなければなりません。(http://kotobank.jp/より引用)

糖尿病とは
血液中のブドウ糖(血糖)が高くなる病気です。
私たちが食べた物に含まれる炭水化物はブドウ糖に分解されて血液中に入り、いろいろな細胞に運ばれてエネルギーとして利用されます。このとき、すい臓のβ細胞で作られるインスリンというホルモンが血液中のブドウ糖の細胞への取り込みを助けます。このインスリンの量が減ったり、はたらきが悪くなると、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中にブドウ糖があふれている状態(高血糖)になります。(http://www.arkray.co.jp/smbg/diabetes/index.htmlより引用)

肌荒れとは
金属工学用語。塑性加工における肌荒れとは,加工プロセスが原因となって材料の表面が製品にふさわしくない状態になることをいう。したがって,肌荒れが問題となる程度は,その国の商慣習,使用者の感覚といった要因によって支配される。加工中に表面状況を損なう可能性のある要因としては,(1)高い圧力で閉じ込められた潤滑剤による小孔の発生pitting,(2)材料の表面の不均一変形によるオレンジピール(オレンジの皮のように表面がざらざらになること),(3)工具と材料との間に入った異物の圧痕,(4)工具と材料との間の潤滑不良による圧着の破壊あと(焼付き傷),(5)工具表面の突起による表面傷,などがあげられる。(kotobank.jp/word/より引用)


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ