キレンジャーが病気!二代目だるま二郎が心不全と変形性膝関節症!

秘密戦隊ゴレンジャーをご存知でしょうか!
そうです!
あの戦隊シリーズの初代戦隊です。
なんと秘密戦隊ゴレンジャーは、
1年ではなく2年も放送されていたんですね。

そのゴレンジャーの2代目キレンジャーを演じた
だるま二郎さんが病気に悩まされている様です。

スポンサーリンク

病名は心不全変形性膝関節症という噂。
この病気はどんな病気なのでしょうか?

だるま二郎のプロフィール

本 名:前川 次郎
出身地:広島県
生年月日:1951年10月6日
身長:165cm
体重:100kg
出身校:広陵高校

キレンジャー 病気

http://fanblogs.jp/hibiki1121/archive/2/0より引用

秘密戦隊ゴレンジャーの二代目キレンジャー!
初代キレンジャーを演じていた
畠山麦さんのスケジュールの関係で、
第55話からだるま二郎さんがキレンジャーを演じていました。

ちなみにTVでのストーリーとしては、
キレンジャーが入れ替わる理由は、
急遽栄転になって二代目キレンジャーに
変わるというけっこう無茶ぶりな設定でした。

しかし67話でだるま二郎さん演じる熊野大五郎が
殉職という形で降板し、
畠山さんが再びキレンジャーとして復活してます。

畠山さんは1978年7月13日に
34歳という若さで自ら命を絶ってしまっています。

スポンサーリンク

だるま二郎の病気について

だるま二郎さんは、
いったいどんな病気に悩まされているのでしょうか?

どうやらダルマ二郎さんは、
8年前に変形性膝関節症という病気を発症、
その3年後には、
突発性拡張型心筋症にも苦しめられている様です。

現在の体重は130キロ近いようで、
体重の増加にも関係がありそうですね。

身体障害者1級になるといわれています。

▶変形性膝関節症についてはこちらをクリック
▶突発性拡張型心筋症についてはこちらをクリック

現在は体重の減少につとめているという。

変形性膝関節症とはどんな病気?

だるま二郎さんを苦しめる
変形性膝関節症という病気ですが、
関節の軟骨がすり減ってしまう病気のようです。

女性や肥満の方に多い病気で、
歳と共に多く見られます。

症状は膝のこわばりや、
歩き始め、
階段の昇降、長時間の歩行、
立ち仕事などの際に痛みが伴います。

痛みによっては歩行にも障害が出てくるため、
日常生活に制限が出てきます。

治療方法は、
保存的治療法といわれる、
安静、足底装具、膝サポーター、
湿布、塗り薬、痛み止めの薬や
筋力トレーニングで関節の安定性を良くします。

他には、
関節注射といわれる関節液がたまって痛みを生じるため、
その液を注射器で除去していく方法。

そして手術をして症状を和らげる等があります。

突発性拡張型心筋症

突発性拡張型心筋症は、
男性がかかりやすい病気で、
女性の約2倍以上も多く、
発症しているといわれています。

主な原因は遺伝やウィルス感性ともいわれていますが、
アルコール等も原因ではともいわれている様です。

突発性拡張型心筋症の治療法としては、
心不全の症状にあわせて薬が処方されます。

この薬でも改善が見られない場合は、
外科への手術となります。

外科的手術というのはいわゆる心臓移植といわれ、
患者の数に対してドナーが少ないため、
すぐには適切な手術というのが、
受けられない可能性があります。

今回のまとめ

現在だるま二郎さんは、
岩倉市の就労継続支援A型事業所に
週3回かよって印刷を担当しているようです。

働けるっていいですよね!

そろそろ5人揃ってゴレンジャーとして
みんなで集まる姿を見てみたい人も
多いのでは無いでしょうか!?

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ