春一番の死因肝硬変アルコール依存症に!猪木のものまね芸人を蝕んだアル中

アントニオ猪木さんのモノマネでもお馴染みの
春一番さんが亡くなったのが、
2014年7月でした。
もうすぐ半年がたってしまうんですね。

死因は肝硬変ということで、
アルコールが大好きだった春一番さん。

スポンサーリンク

アルコールに依存してしまい体を壊してしまったようです。
肝硬変の恐ろしさ、
そしてアルコール依存症の恐さはどのようなものなのでしょうか?

春一番のプロフィール

本 名:春花 直樹
出身地:岡山県浅口郡鴨方町
生年月日:1966年8月13日〜2014年7月3日
身長体重:175cm

春一番 死因

http://www.oricon.co.jp/news/2039396/photo/1/より引用

たけし軍団のイメージが強い
春一番さんですが、
師匠は片岡鶴太郎さんなんですね!

特技といえば「アントニオ猪木」さんのモノマネ!
これにつきます。

鶴太郎さんとの出会いは、
素行が悪くて高校を1年で中退した春一番さんが、
埼玉の親戚の家で生活する様になり、
その後1985年に志願して鶴太郎さんの弟子になったようです。

もともとアントニオ猪木さんのファンだったことから、
猪木さんのモノマネをして、
お茶の間の人気者になった春一番さん!

アントニオ猪木さんのモノマネを進めたのは、
あの甲本ヒロトさんと漫画家のゆでたまごさんだったとは、
意外ですよね!

1997年には3歳年下の女性と結婚しましたが、
2005年に肝不全を発症し、
集中治療室で生死をさまよった春一番さん!

そこにアントニオ猪木さんがお見舞いに着てくれて、
ビンタを食らわせ、
奇跡的な回復をしたとかしないとか。

春一番の死因肝硬変とアルコール依存症

春一番さんの亡くなった死因は、
肝硬変でした。
2014年7月3日に他界されたのですが、
この春一番さんの体を蝕んだ、
肝硬変ですがどのような病気なのでしょうか?

▶肝硬変についてはこちらをクリック

肝硬変になるおもな原因としては、
ウィルス性、アルコール、自己免疫、
薬剤・毒物性、 胆汁うっ滞性たいせい、
うっ血性、栄養・代謝障害性、感染症と言われている。

間違いなく春一番さんの場合は、
アルコールと、栄養・代謝障害が原因だと思います。

症状としては、
自覚症状がほとんどなく、
肝機能が低下して障害進行します。

全身の倦怠感、脱力感、易疲労感、
尿の色が濃く染まる、腹部 膨満感、
吐き気(悪心)、嘔吐、腹痛等が主な症状です。

重傷の場合は、
黄疸、覆水、吐血、肝性昏睡などの合併症も
伴う場合があります。

肝がんになる確率も0とは言えません。

治療法としては、
禁酒やバランスの良い食事をとり、
日常生活の改善をします。

肝硬変にはこれといった治療薬があるわけではなくm、
肝障害の重症度に応じて漢方薬やビタミン剤、
症状にあわせた薬や静脈注射などをします。

春一番さんの場合はアルコールが原因なので、
アルコールを止める事により症状は回復するのですが、
なかなかアルコールを止めれない
「アルコール依存症」と言われています。

▶アルコール依存症についてはこちらをクリック

アルコール依存症は、
俗にいう薬物依存の1つともいわれています。
原因は、アルコール飲料の繰り返しの摂取が原因です。

アルコール依存症の主な症状としては、
飲酒をしながらの行動になります。

日常等の合間にもアルコールを摂取し、
飲んでは眠り、
起きては飲むの繰り返しになります。

症状が酷くなると、
胃炎、膵炎、膵石、肝炎、肝硬変、
心筋症や機能障害
などを引き起こすようになります。

治療方法としては、
1つしかありません。

お酒を止める事!
これだけです。

治療を本当に決意している方は、
断酒会やAA等に積極的に参加をして、
お酒を止めていく人が多いです。

アルコール依存度が高く、
止める事が出来ない人は、
強制入院が必要になってきます。

今回のまとめ

47歳という若さでこの世を去った春一番さん。
多くのファンや友人達が涙を流し、
コメントを残しました。

特に印象に残ったのは、
アントニオ猪木さんの
「贈る言葉に相応しくないと思いますが、
あえて『元気ですかー!』を送ります。」という追悼のコメントでした!

ご冥福をお祈りします。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ