星野仙一の病気は糖尿病と難病の胸椎黄色靱帯骨化症!

闘将と言われていた時代が懐かしい星野仙一さん。
現在は糖尿病と、
難病の胸椎黄色靱帯骨化症に悩んでいるそうです。

やはり、一つの病気だけでも大変なものなのに、
ダブルで病魔が襲ってくるあたりが、
過酷な試練を与えているように思えます。

スポンサーリンク

楽天ゴールデンイーグルスの発展にも力を沿え、
現在も野球界では彼の存在を欲している球団があるでしょう。
それだけ熱いエッセンスを人に伝えてくれるからこそ、
貴重な存在のように思えるのでしょうね。

そんな彼の悩みとなっている2つの病気について、
ここでは検証してみることにしましょう。

星野仙一のプロフィール

本 名:星野仙一
出身地:岡山県倉敷市
生年月日:1947年1月22日
身長体重:180cm、80kg
出身校:岡山県倉敷商業高等学校→明治大学

星野仙一 病気 糖尿病

http://toretoresokuhou.com/?p=108より引用

高校時代から野球では才能を発揮していたものの、
同期には多くの有名選手がいたため、
なかなか注目されない野球人生を大学卒業まで送っていたのです。

でも、中日ドラゴンズからドラフト1位指名をもらい、
その後は野球界を盛り上げる存在として尽力したのです。

現役中はリーグ優勝にも貢献し、
沢村賞ももらっています。

正に、
野球選手の鏡といっても良い、
名誉ある賞なのです。

現役を引退すると、
今度は監督としての才能が開花。
オリンピックチームの監督も担当することとなり、
多くの選手の才能開花に力を添えているのです。

そんな星野仙一さんは、
現在は病との闘いを強いられることに。

スポンサーリンク

星野仙一の病気は糖尿病と難病の胸椎黄色靱帯骨化症なのか!

星野仙一さんは糖尿病ということで、
手術治療という選択が難しい状態。

それは、術後の感染リスクが関係しているのです。

▶糖尿病についてはこちらをクリック

どうしても血糖値が高いと、
外科的手術に悪影響を及ぼしてしまうのです。

そのコントロールが満足にできなければ、
リスクばかりが高くなるのです。

ですから、糖尿病が根底にある場合には、
その治療成果を加味した上で、
今後の治療についてを考える必要があるのです。

星野仙一さんは昔の食生活が影響したのか、
糖尿病を患ってしまいました。

それによって、
人生の転機を迎えることになったのはいうまでもありません。

日本人に多いとされている胸椎黄色靱帯骨化症。
酷い場合には下肢の麻痺まで起こしてしまう恐ろしい病気です。

靭帯が骨化することによって起こるこの病気。
実は、原因がまだわかっていないのです。

ですから、難病の指定を受けているのです。
これからどのようにして解明されていくかが注目されています。

日常生活にも大きな影響を及ぼす胸椎黄色靱帯骨化症は、
手術治療によってフォローするのが一般的。
ただ、何らかの理由で手術ができない場合には、
他の方法でフォローをしなければならないのです。

▶胸椎黄色靱帯骨化症についてはこちらをクリック

下肢がしびれてしまうほどの状態というのは、
日常生活動作にも大きく影響します。
ですから、外科的治療で根治させることができるのが理想なのです。

徐々に下半身がしびれてきたり、歩行が困難になってきます。時には道で転倒するなどの比較的軽い外傷にもかかわらず、外傷後に急激に両下肢麻痺などの極めて重い症状が出現することもあります。また、全く無症状で偶然画像検査にてみつかることもあります。

この病気は経過が様々なものであること、病気の進行が正確には予測できないことから、まずは慎重な経過観察を行います。保存的療法としては、ビタミンB剤や筋弛緩剤が用いられます。経過観察中に症状が明らかに進行している場合には、手術的療法の適応となります。

今回のまとめ

胸椎黄色靱帯骨化症を患ってしまい、
糖尿病のせいで外科的なアプローチが難しい星野仙一さん。

2014年に楽天ゴールデンイーグルスの監督を退き、
その後の進退が注目されています。

今までも日本の野球界発展のために大きく貢献した存在。
だからこそ、まだまだ頑張って欲しいものです。

年齢的にもまだ色々なことができるからこそ、
ぜひとも日本の野球界を支えて欲しいですね。

後輩の育成に力を注いできた星野仙一さんは、
これからの動向が注目されているのです。

まずは糖尿病の対策を行いつつ、
胸椎黄色靱帯骨化症の解決ができると良いですね。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ