徳永英明がもやもや病から復帰!カバーアルバムも好調

徳永英明さんがもやもや病になったというのは、
ファンのみならず、多くの方が知っているでしょう。
一昔前にはあまり世間に知られていなかった病気ですが、
徳永英明さんが患ったことによって一気に知名度を上げたのです。

復帰後は、カバーアルバムが売り上げ絶好調となり、
新たな歌手としての魅力を放つようになっています。

スポンサーリンク

そんな経歴を持つ徳永英明さんは、
大病を耐えた恩恵を、受けているのかもしれませんね。

では、徳永英明さんともやもや病についてを分析しましょう。

徳永英明のプロフィール

本 名:德永英明
出身地:福岡県柳川市
生年月日:1961年2月27日
身長体重:175cm、63kg
出身校:伊丹市立伊丹高等学校卒業

徳永英明もやもや病

http://www.tokunagaandtonys.com/jp/profile/より引用

井上陽水の音楽に憧れ、
音楽活動を夢見て芸能界入りを目指した徳永英明さん。
しかし、はじめは俳優からのデビューとなったのです。

それでも、父親との約束期限であった25歳になる一歩手前で、
歌手としてのデビューを果たしたのです。
しかも、シングル「Rainy Blue」や、
シングル「輝きながら・・・」など、
ヒットを出すまでのアーティストに成長を遂げたのです。

その後もヒット曲「夢を信じて」「壊れかけのRadio」など、
現在も若者に知られている歌を携え、
認知度をどんどん高めていったのです。

現在ではカバーアルバムが空前のヒットとなり、
今まで徳永英明さんの存在を知らなかった世代にまで、
その魅力を浸透させるに至っているのです。

徳永英明のカバーアルバムについて

多くの歌手の魅力をぐっと集約したようなカバーアルバム「VOCALIST」
それは、世間に徳永英明さんの新たな魅力を浸透させることに。
今までとは違って、他人の曲を歌い、
新たな魅力を伝えるということは、
意外にもクローズアップさせる機会が少なかったのです。

しかし、徳永英明さんのカバーアルバムが発売された以降から、
多くのアーティストがカバーアルバムを発表するほど、
他人の魅力に自分の魅力をプラスしたセールスが、
当たり前のように認識されるようになったのです。

ある意味、時代を変えた一枚が、
徳永英明さんのカバーアルバム「VOCALIST」だったのです。

スポンサーリンク

徳永英明がもやもや病とは?

画像診断で脳血管を描出することで、
もやもや病の有無がわかります。

激しい運動などで症状が起こってしまうこともあり、
過換気でも誘発されるというこの病気。

突然意識を失ってしまうなどの発作があるほか、
激しい頭痛や嘔吐なども起こる可能性があります。

アジア圏の人種に多いとされており、
その中でも日本人の発症率が極めて高いのも特徴の一つです。

現在では遺伝子診断によってもやもや病のリスクがわかるようになっています。

ですから、早期発見、早期治療というシステムが整いつつあるのです。

▶もやもや病についてはこちらをクリック

小児と成人とで、もやもや病の特徴が異なるとされています。

特に、成人では致命傷に至ることもあり、
出血によって命を落としてしまうこともあるのです。

ですから、
積極的に治療を行うことによって、
症状の改善を図ることがお勧めされているのです。

小児は知能障害などのリスクもあるので、
決して軽視することができない病気なのです。

成人では意識障害など、
二次的障害が及ぶこともあります。

ですから、もやもや病のリスクを背負っている場合には、
日常生活でも十分配慮しなければならなくなるのです。

今回のまとめ

テレビでも度々もやもや病の苦労を語っている徳永英明さん。

今では大好きな歌を歌い、
世間からの注目も色あせることなく、
歌手としての成功を収めています。

それでも、
もやもや病というものが人生を大きく変えることとなり、
自身のライフプランを修正させたのは言うまでもありません。

それでも、
誰かに何かを伝えるために、
現在も歌手として活躍を続けているのです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ