林家こん平が多発性硬化症を24時間テレビで次女笠井咲さんと登場!

笑点でおなじみの「林家こん平」さん!
「チャラ〜ン」のかけ声でも有名ですよね。

スポンサーリンク

そんな人気者の林家こん平さんが、
難病でもある「多発性硬化症」である事を告白したのが、
2005年!
現在もリハビリをしながら、
「多発性硬化症」と戦っている。

林家こん平さんの「多発性硬化症」について書いてみたいと思います。

林家こん平のプロフィール

本 名:笠井 光男
出身地:新潟県刈羽郡千谷沢村
生年月日:1943年3月12日

林家こん平

http://news.mynavi.jp/news/2014/08/31/087/より引用

師匠は初代林家三平。
初代林家三平は弟子を取らないはずだったが、
こん平の熱意に負けて見事弟子入りを果たす。

当時こん平は、
弟子入りを志願する際に米俵1俵担いで、
お願いしにいったとされる。
しかしこれはあくまで噂であって若干着色されているそうです。

24時間テレビで次女の笠井咲さんと出演

10年ぶりにメディアに出演した、
林家こん平さん!

24時間テレビでは、
現在の病気の様子も映し出されていました。

看病をされているのは、
次女の笠井咲さん。

一緒に24時間テレビにも出演されていました。

テレビに出た事で、
林家こん平さんが戦っている、
多発性硬化症にも注目をしてもらいたいという思いで、
24時間テレビに出演されたようです。

スポンサーリンク

林家こん平の多発性硬化症ってどんな病気?

林家こん平さんが戦っている、
多発性硬化症って病気ですがあまり聞き慣れませんよね。

実際の所どんな病気なのでしょうか?

▶多発性硬化症についてはこちらをクリック

多くの患者は女性に多く見られるようで、
日本にも約5000人程、
この病気と戦っている方がいます。

初期症状としては、
急に発症するそうで、
1週間以内に病のピークに達します。
視神経、脊髄、大脳等病床は異なりますが、
「視力障害」「しびれ」「運動麻痺」「歩行障害」等を引き起こします。

物が二つに見えたり、
排泄のコントロールが上手く出来なくなったり、
手足の硬直やけいれんが見られてきます。

病状は様々で、
10年経過しても歩行の制限の無いタイプ等も見られます。

治療としては、
副腎皮質ステロイド薬を大量投与するパルス療法と
安静が必要と言われています。

インターフェロンβの治療は有効と言われていますが、
1日おきに注射をおこなわないと行けません。

今回のまとめ

24時間テレビでは、
病気と前向きに戦う姿に勇気を貰いました。
弟子の「林家たい平」さんが、
師匠の顔を見た時とっても嬉しそうだったのが印象的でしたね!

ぜひ病気に打ち勝って、
また落語聞かせてください!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ