吉田日出子の病気は認知症!?高次脳機能障害を告白し現在は!?

テレビや舞台でも活躍している吉田日出子さんが、
自身の著書「私の記憶が消えないうちに」で
高次脳機能障害の病気を告白しました。

この病気は認知症の一種のようで、
吉田日出子さん自身もかなり悩まれていたようです。
ドラマや映画の台詞を忘れてしまうくらいだったようです。

スポンサーリンク

2007年から台詞が覚えられなかった様で、
かなり辛い思いをされたようです。

吉田日出子のプロフィール

本 名:平松 日出子
出身地:石川県金沢市
生年月日:1944年1月7日
出身校:東京都立北園高校

吉田日出子 病気

http://axtuki.blog.fc2.com/blog-entry-30.html?spより引用

病気で悩まれていた時、
台詞が覚えられない時は、
共演者の方がフォローして助け合っていたようです。
素晴らしい助け合いですよね!

吉田日出子さんの代表作といえば、
「上海バンスキング」です。
主役の正岡まどかを演じて全国的に人気女優になりました!

スポンサーリンク

吉田日出子の病気・高次脳機能障害について

吉田日出子さんを悩ましている病気、
高次脳機能障害は、
記憶が去っていくという症状のようです。

▶高次脳機能障害についてはこちらをクリック

病気自体は記憶障害の一種で、
病気や事故の前に経験した事が思い出せなくなったり、
新しい情報が覚えられないという事が起こります。

主な症状としてあげられるのは、
・記憶力の著しい低下
・文章力の低下
・思考力、発想力などの低下
・漢字の読み書きが出来ない。漢字→小学高学年程度 読み→中学生程度
・パッと言葉が出ない、人に聞かなければ思い出せない
・右半身に軽い麻痺(感覚が鈍い)
・慢性的な頭痛

等があるようです。

目に見えて分かる障害ではないので、
なかなか気づかれにくいという点があります。

吉田日出子さん以前に
事故や大きな病気等にあわれていたという事でしょうか!?

今まで出来ていた事が出来なかったり、
上手く行かなくなって自信をなくす人も多くいらっしゃる様です。

そこは周りの人のサポートがとても大切になってきます。

高次脳機能障害の治療方法ですが、
セルトラリン:ジェイゾロフトという薬
処方する所もあるようです。

この薬は、
うつ病・うつ状態、
パニック障害の治療でも利用されています。

神経伝達物質を効果的に脳内で利用させるため、
現在問題となっている状況の改善が見込まれるようです。

飲み始めの頃は副作用が少しあるようです。

今回のまとめ

吉田日出子さんが著書、
「私の記憶が消えないうちに」に
出版されたのには、
どういった気持があったのでしょうか?

自分の父親が高次脳機能障害に
なったといった投稿や
高次脳機能障害は治るのか?といった内容を
ネットで良く見かけます。

同じ事で悩んでいる人達の助けになる様にと、
吉田日出子さんが出版されたのかもしれませんね!
ぜひ読ませて頂きます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ