武田鉄矢は性格が悪くてうつ病に!韓国嫌いとそうだ病院へ行こうの歌詞!

海援隊として、金八先生としても有名な
武田鉄矢さんがうつ病で、
うつ病の苦しさ語っていたようです。

スポンサーリンク

今回は武田鉄矢さんの「うつ病」について書いてみたいと思います。

武田鉄矢のプロフィール

本 名:武田鉄矢
出身地:福岡県福岡市
生年月日:1949年4月11日
出身校:福岡県立筑紫中央高校▶福岡教育大学教育学部障害児教育教員養成課程中退

武田鉄矢 性格

http://career.oricon.co.jp/news/84915/full/より引用

1972年に、千葉和臣・中牟田俊男らと海援隊でデビューする。
デビューした当時は待っく売れず、
ブレイクしたのは、
武田鉄矢さんが母親に送った手紙を歌にした、
「母に捧げるバラード」だった!

一気にブレイクし、
海援隊は紅白に出場する。

その後「幸福の黄色いハンカチ」で演じた役で評価を得て、
ドラマ「金八先生」で大ブレイク。
主題歌を担当した海援隊の「贈る言葉」も大ヒットした。

武田鉄矢の性格について

ネットでは武田鉄矢さんの
性格の悪さについて書かれています。

ではなにがそんなに
「性格が悪い」となっているのでしょうか?

まず1つに意外なイメージかと思いますが、
子供が嫌い!なようです。

金八先生からはイメージできませんよね!
しかしこれは性格の悪さとあまり関係ない気がします。。。

俳優の他にもバラエティでも活躍の武田鉄矢さん。
ある番組で韓国の事を語っていたそうです。

その時武田鉄矢さんは、
「日本の韓国に対する経済的支援はいらない」
という意見を述べたそうです。
もしかしたらこれも噂の要因かもしれませんね。

他にもファンの方との写真撮影やサインも
お断りしたり、
大阪人は信用できないと発言から、
今回の噂がたった様です。

スポンサーリンク

武田鉄矢のうつ病について

武田鉄矢さんが自身のうつ病を告白しましたね!
しかも101回目のプロポーズからというから、
驚きですよね!

101回目のプロポーズは1991年のドラマです。
20年以上もうつ病と戦ってきたなんて、
驚きです!

しかしあの金八先生がうつ病とは本当に驚きでね。
また2011年には大動脈弁狭窄症でも悩んで居た様です。

▶うつ病についてはこちらをクリック
▶大動脈弁狭窄症についてはこちらをクリック

武田鉄矢さんの曲で、
「そうだ病院へ行こう」という曲があります。

この楽曲は、
なんでも武田鉄矢さん自身をベースとしている様なので、
歌詞にも武田鉄矢さんの気持や思いが、
込められている様ですね。

今回のまとめ

芸能人はなかなか自分の病気の事を告白できません。
やはり仕事に影響がかなりあるからだと思います。

それでも勇気をもって告白した、
武田鉄矢さんは本当に凄いと思います。

しかも20年もの間うつ病と戦ってきたのですから!
自分のペースでこれからも頑張って欲しいですね。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ