岡村隆史の病気はうつ病で原因は漢方薬と性病の真相は?

ナインティナインの岡村隆史の病気は、
うつ病と診断され長期休業を余儀なくされ治療に専念されたことがありましたが、
うつ病を発症させた原因はなんだったのでしょう?

スポンサーリンク

また、漢方薬を飲んでいるという噂がありますが漢方薬はうつ病の薬?
それとも当時囁かれていた性病のための薬?

岡村隆史のプロフィール

出身地:大阪府大阪市東淀川区
生年月日:1970年7月3日
身長体重:156cm/48kg
出身校:大阪府立茨木西高等学校→立命館大学経営学部第二部中退

岡村隆史 病気 うつ病

http://www.oricon.co.jp/news/48965/full/より引用

大阪府立茨木西高等学校卒業後、
1年浪人するも立命館大学、関西外国語大学、大阪芸術大学と3つもの大学に合格!
本人は、大阪芸術大学への入学を希望するも、
父の反対&薦めにより立命館大学経営学部二部へ進学するが、
高校時代1つ後輩であった(現在相方の)矢部浩之に誘われ、
タレント養成所・NSCに入所し大学を中退。
しかし、授業料未納によりNSCを除籍される。

そんな折、
吉本興業が経営する心斎橋筋2丁目劇場の支配人に、
スカウトされ劇場に出演。
1990年に矢部浩之とお笑いコンビ、
「ナインティナイン」を結成しボケを担当

1992年には第13回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞に見事輝く。
当時人気絶頂だったねるとん紅鯨団に出演したことにより、
人気に火がつき本格的に東京進出。

岡村隆史は本当に性病に感染しているのか?

2010年6月に体調不良を訴え、
出演予定だった舞台を延期したり、
看板番組の収録などを欠席するも翌週には生放送に出演!

しかし、その後まもなく検査のため入院。

スポンサーリンク

「当面の間休養する、復帰は未定!」と、
無期限休養を吉本興業が発表したことにより様々な憶測が飛び交いました。
結局、岡村隆史は約5ヶ月後に無事復帰しましたが入院中は、
「性病に感染しているのか?」そんな、
嘘とも冗談ともつかないような噂も流れました。

岡村隆史はうつ病で原因は何!?漢方薬の効果は!

岡村隆史さんは、
2010年に体調不良を訴え病院で検査したところ、
「うつ病」と診断され5ヶ月ほど芸能活動を休止し、
治療に専念されましたが、
うつの原因はどうやら生真面目な性格にあったようです。

岡村隆史さんはうつによく使われる漢方薬のひとつ、
「ツムラ103・サンソンニントウ」を服用していますが、
この漢方薬には穏かな催眠・鎮静効果があるそうです。

▶うつ病についてはこちらをクリック

テレビで見る岡村隆史さんは明るく、
ハイテンション!ボジティブでパワフルな人、
というイメージがあります。

ですが、実は、
根が繊細なうえに銀行員である厳格な父の元で、
育ったこともあってか真面目で努力家、
生真面目すぎるほど生真面目。

体調不良を訴える前も寝る間も惜しんで、
舞台の台本作りに没頭していてそのうち、
食事を摂ることも難しくなったそうです。

今回のまとめ

一時は、眠れない、食べられない、
ラジオのハガキをまともに選ぶこともできない&サインも書けなくなるなど、
パニックに陥ることもあったという岡村隆史さんですが、
約5ヶ月主治医の指示を守り治療に専念したことで回復に向かい、
無事現場復帰を遂げることができました。

入院中に飲んでいた漢方薬は退院後も飲み続けている、
と本人が言っていましたが、
きちんきちんと漢方薬を飲むことで症状は良い方向に向かい、
と同時に失敗を恐れない、クヨクヨ考えない!
ボジティブな考え方をするように変わってきたようです。

漢方薬は体質改善!即効性はないといわれていますが、
長く飲み続けることでうつにも効果があるんですね。
今では、うつ病だったとは思えないほど元気な岡村隆史さん。
更なる活躍を期待しています!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ