イアンソープがエイズで死去の噂!自伝ではうつ病を告白

イアン・ソープ元選手にエイズの噂がある様です。
今回はイアン・ソープ元選手のエイズの噂について
書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

本当にエイズなのでしょうか…

イアン・ソープのプロフィール

本 名:イアン・ジェイムズ・ソープ
出身地:オーストラリア
生年月日:1982年10月13日
身長:195cm

イアンソープ エイズ

http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020201000231.htmlより引用

イアン・ソープ元選手といえば、
オリンピックで5つの金メダル獲得した、
オーストラリアのヒーロです。

金メダル5つはオーストラリア人しては、
最多になります。

24歳の時に競技への意欲がなくなり、
一度引退をしている。

その後もう一度2012年にオリンピックを目指す物の
5年のブランクは埋める事が出来ずに、
代表選を残念ながら逃している。

イアンソープ元選手がネットで亡くなったという様な噂や
死因が検索されている様ですが、
これはまったくの嘘であるようです。

スポンサーリンク

イアン・ソープはエイズなのか?

イアン・ソープ元選手は、
自身が同性愛者である事を告白しました。

以前イアン・ソープ元選手は、

「私は同性愛者ではないし、
これまでの性経験もすべて異性とだ。
私は女性に惹かれ、子どもが好きで、
いつか家庭を築きたいと思っている」

と自伝に書いています。

しかしその2年後、
同性愛をカミングアウトしました。

多分自分の中で相当な葛藤があったのでしょう。

そしてカミングアウト前は、
アルコール依存症とうつ病に苦しんでいたそうです。

しかしなぜそこからエイズの疑惑が出てきたのでしょうか?

▶エイズについてはこちらをクリック
▶うつ病についてはこちらをクリック

2014年の4月にイアン・ソープ元選手は
シドニーの病院に、
非常に危険な感染性が原因で入院をされています
これが噂となりエイズなのでは?
となったようです。
入院の原因は、
水泳で痛めた肩の手術が原因で、
感染性になったようです。

同性愛からのエイズの感染率というのは、
同性愛者よりも非常に高くなります。

エイズ(HIV)が感染する理由としましては

①.性的感染
②.血液感染
③.母子感染
が主だった感染になります。

性的感染については、
男性は亀頭部分の細かい傷から、
精液・膣分泌液に含まれるHIVによって感染するようです。

同性間の場合は、
腸管粘膜から精液中のHIVが侵入し、
感染というのが多くなります。

避妊具を使わずに性行為をした際の確率は、
0.1〜1%といわれます。
大体100回に1回という計算です。

他の感染症に感染していると、
感染の確率が高くなります。

今回のまとめ

イアン・ソープ選手の同性愛のカミングアウトから、
エイズに感染しているといった噂が
立つくらい多くの方が衝撃的だったのでは、
ないでしょうか?

またイアン・ソープ元選手が
勇気あるカミングアウトをされた事で、
多くの同性愛者にも勇気を与えたのでは、
ないでしょうか!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ